才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

コンシーラーの使い方

コンシーラー

コンシーラーを使うタイミングは、ファンデーションによって異なります。

【パウダーファンデーションの場合】
コンシーラー → パウダーファンデーション

【リキッドファンデーション】
リキッドファンデーション → コンシーラー → フェイスパウダー
どちらも、コンシーラーで気になる部分を隠したらパウダーで抑えるという流れは同じです。
隠したい悩みや塗る位置に合わせて、コンシーラーの種類も変えてみましょう。

ニキビを隠すときは

① 面棒につけて
密着感の高い硬めタイプのコンシーラーを使用。衛生面を考え、綿棒でとりニキビの上にのせます。
%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc-%e6%8c%87%e3%81%a7%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%8b

②スポンジとパウダーでなじませる
スポンジでコンシーラーを軽くなじませたら、ニキビの上にパウダーをのせましょう。カバー力とくずれ予防になります。

クマを隠すときは

① 目頭あたりから放射線状に
涙袋の部分をあけて、目頭の下あたりから放射線状にコンシーラーを引きます。

②指でたたいてなじませる
指でたたいてなじませます。ひっぱったりするとヨレた線が出てしまうので、気をつけましょう。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント