才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

ファンデーションののせ方


ファンデーションは、頬などの幅の広い部分・キメの細かいところ・薄付きにしたいところは「すべらせる」ように。逆に、毛穴・色ムラ・頬の中央部などカバーしたい部分には「たたきこむ」ようにします。ファンデーションで使用するパフは、ニキビや毛穴汚れなどができないように定期的に変えて衛生面を保ちましょう。

リキッドもパウダーも、のせていく順番は基本的には同じです。
スポンジとブラシ、どちらを使うかにより仕上がりも変わります。
スポンジの方が量が多く取れるので、マットに仕上がります。また、カバー力もあります。
ブラシを使うと薄付きになるので、ツヤ肌になります。

ファンデーションののせ方

① 適量をスポンジに
化粧下地などで整えた肌に、ファンデーションの表面を2回ほどなでるようにしてとった粉をすべらせるようにのせていきます。

②頬骨のあたりから側面に「すべらせる」
ヨレやすい中心にはいきなりのせずに頬骨のあたりから側面に向かって滑らせるようにのせていきます。頬の片側ずつ、数回のせていきます。

③頬の中心は「たたきこむ」
側面にのせて残ったファンデーションで、頬の中心部をたたきこみながら外側へ。

④ Tゾーンは、薄く!
額、鼻、顎などのくずれやすいTゾーンは、頬よりも少ない量のファンデーションで。

⑤ 小鼻や目の周りも、薄く!
小鼻や目の周りなど細かい部分は、スポンジの角やパフの折り目を使い仕上げます。

⑥ リキッドは、最後にフェイスパウダーを
リキッドファンデーションの場合は、くずれを防ぎサラリと仕上げるために最後にフェイスパウダーを顔全体に。

⑦ 仕上げのブラシ
仕上げにブラシを使用するのもGOOD!頬骨あたりにツヤを出したり、粉が付きすぎたときは粉をはらうためにブラシを内から外へはらうように。ブラシは鉛筆と同じように持ち、くるくると回して使用しましょう。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント