才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

シェーディングの入れ方


ハイライトとは対照で、影を作るのがシェーディングです。顔の形に合わせて隠したいところに影を作りましょう。シェーディングを入れるときは、自然に見えるよう大きなブラシを使って線にならないようにグラデーションを。

ベース型、丸顔などえらが張っている人は
顔シャープに見せたいときは、「えら~あご先」に。えらの裏から顔の内側に向かってブラシをすべらせます。それを何回かに分けて、あご先まで行います。

面長の人は
面長やあごが出ている人は、「あご先」に。あごの骨の下から上に向かってブラシをすべらせます。こちらは、色が濃くなりすぎると目立ってしまうので気を付けましょう。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント