才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

黄金のくびれづくり


油断するとプヨプヨお腹に、背中にまでつまめるお肉が・・・。だからと言って、鍛えすぎて腹筋が6つに割れているのも理想的とは言えません。女性らしいカーブを描いた美しいくびれを手に入れるために「くびれクイーン」のかおりが1日10分の簡単ストレッチを伝授します。

理想的なくびれはバランスが大事

黄金比率は7:10
くびれクイーンかおりのウエストはなんと50cm!!
女性らしいカーブを作るには、バスト、ウエスト、ヒップのバランスが重要です。
黄金比率は、
ウエスト(cm):ヒップ(cm)=7:10
この比率に近いほど、理想のくびれになります。
毎日の簡単エクササイズとリンパマッサージで、理想のくびれを手に入れましょう。

1日10分の簡単ストレッチ
image-2
くびれ作りのポイントとなるのは【腹斜筋】
実はいくら腹筋をしても、くびれはできません。ストレッチで腹斜筋を刺激することで、くびれ作りとたるみ解消ができます。

肩回しでアンダーバストとウエストの引き締め

①両手を広げ、目の前で大きく回す(外回し20回・内回し20回)
両手を左右に広げ、目の前で大きな円を描くように両手をクロスさせながら回します。※回転方向は外回し。
このとき、右手が前でクロスした状態を10回転、左手が前でクロスした状態で10回転、計20回転します。外回しが終わったら、内回しも同様に20回転させます。
ポイントは腹式呼吸!!
10回転のうち、3回転は息を吸って→2回転で止める→5回転で吐く。これを意識すると、よりウエストに働きかけることができます。

②両手を上にあげ、体の横で大きく回す(前回し10回・後回し10回)
両手を前ならえの状態にし、体の横で大きな円を描くように両手を同時に回します。このとき、前に10回・後ろに10回の計20回転させます。①のときと同様、腹式呼吸を意識するのがポイントです。

③腕を体の前から後ろに向かって振る
両手を前に伸ばし、手のひらをクロスさせます。その手を肩甲骨をくっつけるようなイメージで水平に背中側に降ります。このとき、右手が上の状態10回、左手が上の状態で10回の計20回振りましょう。
肩甲骨の周りには、褐色細胞という体を温める細胞が集中しています。肩甲骨を刺激することで体が温まり、代謝アップにつながります。

④頭上でひじをつかんでストレッチ
頭上で片方のひじを曲げ、ほう片方の手で曲げたひじをつかみ、伸ばします。左右10秒ずつキープし、体が傾かないように注意してウエストと肩甲骨を意識します。


⑤上腕筋を伸ばすストレッチ
片腕を逆側に伸ばし、ひじのあたりを抑えてグ–ッと引きます。体が傾かないように注意して、左右10秒ずつキープします。上腕筋を伸ばしながら、腹斜筋も伸ばすように意識しましょう。

⑥腕を左右に振る
腕の力を抜いて、左右に5回振ります。このとき、5回目で後ろに振りきります。右から始めるパターンを2セット、左から始めるパターンを2セットの計4セット行います。
骨盤が動かないように意識して、ウエストをひねるようにしましょう。

寝る前のひねりストレッチ

仰向けになり、ウエストをひねる
仰向けになり、ウエストを左右にひねります。それぞれ10秒ずつキープしましょう。ウエストを意識しながら、顔はひねっている方と逆を向きます。腕はピンと伸ばしましょう。

リンパマッサージで老廃物を出す
ストレッチ後の+αとして、リンパマッサージをすることもオススメ。全身の血流の流れをよくすることで、老廃物を排出しやすい体になります。代謝が上がり、スッキリとしたラインへ導きます。

①足の付け根(ソケイ部)を流す
ゴリゴリとしたつまりを取るように、骨盤のあたりから足の付け根に向かって流します。腸や内蔵を動かすようなイメージで行いましょう。

②鎖骨を流す
鎖骨のくぼみを押しながら、肩の方に向かって流します。左右5回ずつくらいを目安に流していきましょう。

くびれクイーン Caory の プロフィール

Caory

ウエスト50cmという細さ且つ健康的で美しいくびれにより、2012年宝島社のくびれクイーンを受賞。ダイエット検定1級も保持しており、ダイエットインストラクターとして多くの女性をダイエットに成功させていた経験もあります。キレイになるための幅広い知識で多くの女性の支持を受けています。現在は、女優やモデルとして活動しており、テレビ、映画、雑誌などで活躍中。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント