才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

チークの役割と種類


チーク 【Cheeks powder】

役割
顔の中心にくるものなので、チークの有無で顔の印象がとても変わります。
チークの色やのせる位置により、ほっぺたに赤みを載せ血色を良く見せたり、顔を立体的に引き締めて見せる効果があります。(小顔効果)

使い方とポイント
・ 笑ったときに高くなる頬骨のきわに沿って、卵方にのせる。
・ 色をぼかす。範囲は、正面側、外側の順。
・ 周囲を肌となじむようにぼかす。
・ ポイント→ほどよい大きさの柔らかい毛のブラシを使う。ブラシは往復させずに、一方方向にねかせて使う。こすらず柔らかいタッチで。ブラシにとったチークを、一旦手のひらやティッシュにトントンと落とすと、厚塗りを防止できる。


色別による印象の違い

ピンク系
女性らしさを強調。大きめのチークブラシで、頬骨の高いところを中心に、ふんわりと外側へくるくる広げる。

オレンジ系
元気な明るさを強調。頬骨の上を強調することで、明るく健康的に見える。


ブラウン系
落ち着いた印象。頬骨の下が濃くなるように意識して、こめかみからやや斜め楕円形に入れる。引き締め効果がある。


メイクグッズ、正しく使えていますか?

誰かに教わったわけでもなく、自己流でなんとなく使っているメイクグッズ。基本的な正しい使い方を知ることで、なんとなく必要だと思って揃えていたメイクグッズを整えることができます。また、普段のメイクを見直すきっかけにもなりますよ。基本を身に着け、「なんとなくメイク」から「きちんとメイク」に変更しましょう。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント