才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

基本編4 仕事上の言葉づかい


基本編4 仕事上の言葉づかい

普段使い慣れない言葉かもしれませんが、難しくはないはず。よく使う言葉から覚えていきましょう。

社外の方には尊敬語。
自分を表現するときは、謙譲語。
例1)自己紹介や名刺交換とき

「初めてお目にかかります。株式会社○○の△△と申します。よろしくお願い致します。」
例2)何かお願いされたとき
「かしこまりました。」
「承知致しました。」
例3)確認してもらうとき
「ご確認下さいますようお願い申し上げます。」
「ご査収のほど宜しくお願い致します。」
「ご高覧いただきたくお願い申し上げます。」
例3)気持ちをなだめたいとき
「どうかお許し下さいますようお願い申し上げます。」
「何卒ご寛容いただけますよう、伏してお願い申し上げます。」

× 適当な発言や曖昧にしてしまう言葉使いは、気を付けましょう。
相手からの問いに対して、「たぶん」「~な気がします。」 などの曖昧な返事で答えてはなりません。わからなければ
「確認致しますので、少々お待ちくださいませ。」
と相手から時間を頂き、わかる人に確認しましょう。確認に時間がかかりそうな場合は
「私ではわかりかねますので、後程ご連絡させていただいてもよろしいでしょうか?」
と、相手の承諾を得て、
①連絡先を伺い、
②連絡を差し上げる相手の都合の良い時間帯を聞き、
③「申し訳ございません。」と謝罪し
④「何卒よろしくお願いいたします。」
丁寧にその場を収めましょう。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント