才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

アフタヌーンティーってどうやって食べたらいいの?

正解は、下から食べます。

アフタヌーンティーのメインとなるティースタンド(ケーキスタンドとも呼ばれます)にはサンドイッチ、スコーン、ケーキ類がのせられていることが多く、 順番は1番下の段から食べていくのがマナーといわれています。下から順に、サンドイッチ、スコーン、ペストリー(ケーキやタルトのこと)が並べられています。同じお皿の中でも色が薄いもの、味が薄いものから食べるのが好ましいです。

 

アフタヌーンティーのサンドイッチは、なぜキュウリ入りが多いの?

もともとアフタヌーンティーは、イギリスの公爵夫人が夕食までの空腹に耐えかねて、夕方、召使いにお茶とバター付きのパンを自分の部屋に運ばせたのが始まり。野菜を育てる農夫を雇い新鮮な野菜を食べることができる、つまりキュウリのサンドイッチは貴族のステイタスでした。農園で収穫したばかりの新鮮なキュウリをパンに挟んでアフタヌーンティーに食べるということは、余裕がなければできない贅沢だったのです。その名残りが今でも残っているのですね。

 

スコーン用のクリームはなんですか?

クロテッドクリームと呼ばれ、生クリームとバターの中間のようなものです。スコーンは手で二つに割り、このクロテッドクリームやジャムなどをたっぷりつけて食べましょ。スコーンのパサパサ感が気になる人はとくにクロテッドクリームをたっぷりのせることをオススメします。

 

紅茶を頼みたいけど、ダージリンやアッサムどちらを選べばいい?

どちらもアフタヌーンティーに並ぶ食事に合う紅茶ですが、「ダージリン」は、「紅茶のシャンパン」とも称されるくらい高い香りと絶妙な風味が特徴です。フルーツに似た香りを楽しみながらストレートで飲むことをおすすめします。「アッサム」は、 濃い赤褐色が特徴で芳醇な香りです。 少し苦みがあるのでミルクティとして飲むことをおすすめします。

紅茶は、1杯目と2杯目では紅茶の味わいも全く違うので、どちらも楽しんでいただきたいです。

 

まとめ

SNS映えになると人気が増している「アフタヌーンティー」。スコーンやスイーツが沢山並んだティースタンドにテンションが上がりますよね。今回はアフタヌーンティー初心者の方が疑問に思っていることをいくつかまとめてみました。ホテルのラウンジやレストランでぜひ本格的なアフタヌーンティーを楽しんでみてくださいね。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント