才色兼備

女性が女性の為にプロデュースするWebマガジン

成田彩美

Tagged
メイクの基本

メイクの基本

>化粧下地のぬり方 とりあえず塗っておけば、と適当に延ばしている下地。きちんと塗らないとメイクがヨレやすくなってしまいます。 >コンシーラーの使い方 コンシーラーを使うタイミングは、ファンデーションによって異なります。 >ファンデーションの...
化粧下地のぬり方

化粧下地のぬり方

① 量はだいたい1円玉サイズ 「ちょっと多いかな」くらい、たっぷり使って。下地は、ゆっくりつけると「のび」や「密着力」が悪くなるので気をつけて。 ② 頬骨あたりから指の腹で手早くのばす 最初にのせる位置は頬骨あたり。そこから外へ外へのばし、...
化粧崩れ・お直しの仕方

化粧崩れ・お直しの仕方

夕方になって目の下が黒くなってしまったり、ファンデーションがヨレてきたとき、あなたはどうしていますか? 綿棒やコットンを使って汚れや脂をのぞいて、パウダーでおさえるだけで、簡単にお直しができちゃいます。 このときに乳液を使うのは、綿棒やコッ...
口紅・グロスのぬり方

口紅・グロスのぬり方

① 山から内へ 唇の輪郭をはっきりさせるためになぞります。まずは、上唇の中央の山から内へ。 ②山から口角へ 今度は山から口角へブラシを使って丁寧に。 ③口角から中心に 下唇は、口角から中心に向かってふっくらとしている中央部分まで。 ④中をぬ...
マスカラのつけ方

マスカラのつけ方

マスカラの付け方 ①上まつげはマスカラのカーブに合わせて 毛先だけだとまつげが下がってしまうので、まつげの下から根本にマスカラをあてしっかりつけます。 ②下まつげは、マスカラを縦に マスカラを縦に持ち、マスカラの先を使いながら下まつ毛につけ...
ビューラーの使い方

ビューラーの使い方

ビューラーの使い方 ビューラーの間にまつ毛が入りやすいように、目を少しだけ閉じます。 ビューラーの角度はまっすぐにしたまま、根本・中間・毛先の3段階でまつげを上げてキレイなカーブをつくります。
アイラインのひき方

アイラインのひき方

アイラインのひき方 アイラインをひくときは必ず片方の手でブレないように固定しましょう。 アイシャドウの前にラインをひくとぼけてナチュラルに。逆に、アイシャドウの後にラインをひくとくっきりと目元が強調されます。また、後の方が、にじみやヨレが防...
アイシャドウののせ方

アイシャドウののせ方

アイシャドウののせ方 アイシャドウが2~3色あれば、簡単にグラデーションを作ることができます。 ・ハイライトカラー ・ミディアムカラー ・締め(ダーク)カラー この3色を使ってグラデーションを作ってみましょう。 ①ハイライトを眉下まで ②ミ...
眉毛のかき方

眉毛のかき方

① 眉山から眉尻に 一番濃く書いていいのは、基本的にはこの部分。ペンシルでカタチを整えながら描いていきましょう。 ②眉山から眉頭に 眉頭が濃くなると不自然になります。薄くてもいい眉頭はパウダーで描くと自然に仕上がります。 ③眉マスカラは毛を...
シェーディングの入れ方

シェーディングの入れ方

ハイライトとは対照で、影を作るのがシェーディングです。顔の形に合わせて隠したいところに影を作りましょう。シェーディングを入れるときは、自然に見えるよう大きなブラシを使って線にならないようにグラデーションを。 ベース型、丸顔などえらが張ってい...